福祉のための社会調査法

TOPページへ

社会福祉士 基礎科目 社会調査の基礎

大項目 中項目 小項目(例示)←あくまでも例。これが出るとは限りません。
1 社会調査の意義と目的 1) 社会調査の意義と目的
2) 社会調査の対象
2 統計法 1) 統計法の概要
3 社会調査における倫理 1) 社会調査における倫理
4 社会調査における個人情報保護 1) 社会調査における個人情報保護
5 量的調査の方法 1) 全数調査と標本調査 ・ 母集団、標本、標本抽出 その他
2) 横断調査と縦断調査
3) 自計式調査と他計式調査
4) 測定 ・ 測定の水準、測定の信頼性と妥当性 その他
5) 質問紙の作成方法と留意点 ・ ダブルバーレル質問、パーソナルな質問とインパーソナルな質問 その他
6) 調査票の配布と回収 ・ 訪問面接調査、郵送調査、留め置き調査 その他
7) 量的調査の集計と分析 ・ コーディング
・ 単純集計と記述統計、質的データの関連性(クロス集計)、量的データの関連性(散布図、相関と回帰) その他
6 質的調査の方法 1) 観察法 ・ 非参与観察法、参与観察法、統制的観察法 その他
2) 面接法 ・ 自由面接法、構造化面接、半構造化面接 その他
3) 質的調査における記録の方法と留意点
4) 質的調査のデータの整理と分析 ・ 調査結果の図表化、グラウンデッドセオリーアプローチ その他
7 社会調査の実施にあたっての?ITの活用方法 1) 社会調査の実施にあたってのITの活用方法