社会調査法の講義内容公開しました

2014年以来、改訂はしていたのですが、公開をさぼっていた社会調査法の講義概要を紹介します。

留学生向けに読みがなも付けました。社会調査独特の読みにくい言葉もあるので、留学生以外の方にも役立つと思います。

さらに分析方法などの見本もつけましたので、これも役に立つと思いますよ。

当たり前のことですが、本データを引用または参考にされる際はその旨明記してくださいね。

講義概要 社会調査法を学ぶ目的

第1回オリエンテーション 社会調査とは、学習の進め方

第2回福祉や介護の社会調査:自治体福祉調査

第3回社会福祉調査の歴史と目的

第4回社会調査の方法の概要

第5回 基本統計量を学ぶ(比率、平均、分散、相関など)

第6回量的調査の分析手法 パソコン実習

第7回量的調査の分析手法 検定、分析手法紹介

第8回質的調査とは何か(DVDを視聴)

第9回質的調査の手法(観察法、インタビュー、参与観察、ケーススタディなど)

第10回◇質的調査資料

第10回記述データの分析(コード化、テキスト分析、グランディッドセオリーなど)

第11回 社会調査と倫理、社会調査と法律

第14回 まとめ